らすらんのぱちスロ日記

パチスロとゲームやります

今更聞けないパチスロの種類。Aタイプ,AT,ARTとは

 

始まりました!今更聞けないパチスロコーナー!(パフパフ)

今日は初回ということで、パチスロの種類についてのお話です。

f:id:raslan18:20200522210839j:image

 

目次

 

 

 

主に3種類

現行機種は主に3種類となっております。

Aタイプ、ATタイプ、ARTタイプ

それぞれ字面は似ているけど何が違うのか

意外と答えられない人もいるはずです。

 

 

Aタイプ

Aタイプは純ボーナスでメダルを増やしていくタイプです。

f:id:raslan18:20200522210406j:image

主に3種類の内部状態を行き来していています

 

①通常時

→ 名前の通り、何もない時の状態です。

 

②ボーナス準備中

→ 特定役を引くことで移行

ボーナス図柄が揃えられる状態です。

(ジャグラーだとペカってる時)

 

③ボーナス中

→ ボーナス図柄を揃えると移行

払い出しが規定枚数に到達するまで特定役が成立し続けます。

規定枚数払い出し終了で通常時に戻ります。

 

ひたすら①→②→③→①→②→③→①...

と繰り返していく流れ

 

ざっとこんな感じですがAタイプもいろんな種類があって奥が深いです。

A+RTやA+ARTのAの部分もこれと同じです。

 

 

ATタイプ(アシストタイム)

ATタイプは実は内部状態は1つしかありません。

通常時の状態も、大当たり中の状態も同じです。

 

じゃあ何故、大当たり中はメダルが増えるのかというと、、

 

押し順ベルの正解を教えてくれることによってメダルが増えていきます。

つまり押し順の正解が表示されているかいないかで大当たり中かどうかが決まるタイプです

 

 

ってことは凱旋は常に純増3枚ですね

f:id:raslan18:20200522210450j:image

 

が、通常時から押し順ベルが成立しているかすら分からない状態で択当てなんて無謀なことできませんよね。

素直に左から押しましょう

ペナルティは通常時も大当たり中も大損です

 

 

 

ARTタイプ(アシストリプレイタイム)

f:id:raslan18:20200522210513j:image

ATとの違いは名前の通り。ATは押し順ベルをアシストしてくれましたが、ARTは押し順のリプレイをアシストしてくれます。

が、こちらはATとは違って内部状態は2種類あります。

 

①通常時

→ 中身的にはATの通常時と同じ

 

②リプレイ高確率状態

→ いわゆるRT(リプレイタイム)ってやつです

いつもより多くリプレイが成立します

 

①+②、AT(アシストタイム)+RT(リプレイタイム)でART(アシストリプレイタイム)ってことです

 

ちなみにATタイプとは違って状態が2つあるので移行が必要です。

ARTに準備中が存在するのはこれのせいです。

 

 

今まであった種類

先ほどの3種類には5号機から主流になったみたいで、実は昔はAT、ARTとかじゃなかったんですよ

私はどれも触れたことなく勉強不足なのでここでは名前と概要だけ紹介します

Bタイプ

実は昔今で言うAタイプには2種類あったんですよ

内容はほぼ同じ。ビッグボーナス中のJAC INの回数が3回か2回か、とかボーナスゲームが30Gか20Gや15Gか、みたいな感じらしいです

 

Cタイプ

JAC INがないもの。

今で言うATみたいなものらしい

 

AR

今で言うARTです。

なんで変わったのかは良く知りません。

 

 

と、こんな感じで調べてみると5号機が始まるまでは結構面白そうな機種がいっぱいあったんですよね。

打つ機会があったらぜひ触ってみたい

 

 

まとめ

 

今回大まかにしか説明していないのですが、本当はもっと複雑な機種とかも存在するのでご注意を。

6号機の規制が緩くなって純ボーナス搭載の機種がもっと増えてくれるといいなぁ。

1000ちゃんみたいな異色なものとかもっと出して欲しい

 

PVアクセスランキング にほんブログ村